スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴行相手は飲食店関係者=顔にけが、朝青龍酒に酔い(時事通信)

 横綱の朝青龍が酒に酔って知人にけがを負わせ、日本相撲協会が厳重注意した問題で、知人は当初、相撲部屋関係者とされていたが、実際は朝青龍が飲食した店の関係者の30代男性だったことが28日、分かった。男性は朝青龍と面識があり、これまでに被害届は出されていない。
 捜査関係者によると、朝青龍は16日未明、東京都港区内の飲食店で酒に酔い、男性とトラブルになり暴行、顔にけがを負わせた。男性は近くで交通事故の処理をしていた警視庁麻布署員に助けを求めた。
 その後、男性は同署でけがの具合やトラブルの経緯などを説明した。双方で話し合うことを決めて以降、同署への連絡はないという。 

【関連ニュース】
〔特集〕横綱朝青龍
【相撲コラム】土俵百景
〔写真特集〕大相撲 横綱朝青龍
12月16日に控訴審判決=大相撲八百長報道
〔地球の風景〕2008年変わり雛

新聞検閲 占領下の実態「証言」呼びかけ…早大メディア研(毎日新聞)
殺人の時効撤廃へ=「完成前なら遡及」明記-法制審に見直し案提示・法務省(時事通信)
昨年の自殺3万2753人=504人増、過去5番目の多さ-警察庁(時事通信)
「仕事の大変さを分からせたい」HP改竄で元社員逮捕(産経新聞)
名古屋市の住基離脱に反対=強行なら法的措置も-原口総務相(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。