スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大病院の医師かたり、“薬”を販売 容疑で無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)

 東大病院などの医師をかたり、無許可で錠剤などを販売したとして、警視庁生活環境課と月島署は薬事法違反(無許可販売)の疑いで、住所不定、無職の小原司容疑者(44)を逮捕した。同課によると、小原容疑者は「楽して金がほしかった。昨年3月以降、未遂も含めて約300件やった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、昨年3月11日から5月29日ごろの間、3回にわたって東京都江東区の自営業男性(61)など男女4人に、「6カ月飲めば近視も老眼も治る薬」「大動脈弁閉鎖不全によく効く」などと言って、健康補助食品4箱を計約3万4千円で販売したとしている。

 同課によると、小原容疑者は客を装って首都圏や関東の自営業者を訪問。東京大学医学部附属病院や国立がんセンターの医師を名乗り、「近くに引っ越してきた」など雑談をした上、「薬を処方してあげる」と持ちかけていた。

 販売価格は1箱40~50錠入りで約1万円だったが、実際には100円ショップで購入した健康補助食品をプラスチックケースに入れ替えて販売していた。その際に発行した手書きの領収書に、指印を押していたため中村容疑者の犯行と判明。見当たり捜査にあたっていた捜査共助課の捜査員が、新宿区内にいるところを発見した。

 被害者の多くは60代~70代の高齢者で、警視庁には約15件の被害届が出されている。

【関連記事】
「相乗効果狙って」精力増強薬を陳列 薬事法違反でAV販売会社を摘発
偽バイアグラを広告 「快適生活」元社長逮捕
医薬品を無許可ネット販売、売り上げ1億円 ブラジル人の女逮捕
未承認避妊薬の所持容疑で雑貨販売店の夫婦逮捕 三重県警
オンナ心くすぐる“魔法の錠剤”の危険な落とし穴
20年後、日本はありますか?

北教組 日高支部では“闘争マニュアル” 「国旗・国歌を排除」(産経新聞)
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職-東京地裁(時事通信)
雑記帳 陸上自衛隊が炊事の競技会 福島駐屯地で(毎日新聞)
2010年度診療報酬改定を告示(医療介護CBニュース)
介護業界、厳しい春闘…待遇改善・賃上げ国頼み(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。