スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<将棋>1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第2局は28日、栃木県大田原市のホテル花月で始まり、午後6時に羽生が41手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費は羽生4時間30分、久保3時間9分。29日午前9時、再開する。

 三間飛車で第1局を制した久保は本局で、4四歩と突かずに飛車を5筋へ振る「ゴキゲン中飛車」を採用した。羽生は2枚の銀を早めに前線へ繰り出す作戦で対抗する。

 羽生は2四歩(29手目)と戦端を開き、右側の銀を久保の銀にぶつけて交換。さらに桂を中央へ跳ね出し、強気に5三銀(39手目)と打ち込んだ。第1局と同様、1日目から激戦に突入した。

 解説の佐藤義則八段は「羽生王将が攻勢に立ち、久保棋王が自然な対応を続けています。羽生王将が工夫を凝らしたので、消費時間に差がつきました」と語った。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:王将戦開幕 久保が先手番
将棋:卒業後も出雲で活動…高校生棋士・里見香奈さん
将棋:アマ王将位大会 さいたま市の遠藤正樹さんが初優勝
将棋:久保、ゴキゲン中飛車 王将戦第2局
将棋:王将戦第2局 栃木・大田原で28、29日

<公設秘書>兼職禁止、95人が抵触…公明党の富田議員指摘(毎日新聞)
殺人の時効廃止 法制審部会 改正骨子案 進行中事件にも適用(産経新聞)
総務政務官「検察捜査は検証に値する」(産経新聞)
民主・山岡国対委員長、首相の施政方針べた褒め 「国民の立場の演説」(産経新聞)
<地震>宮城・大崎で震度4=30日午前1時40分(毎日新聞)
スポンサーサイト

<空海>唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)

 真言宗の開祖で知られる平安時代の弘法大師空海(774~835年)が中国・唐から持ち帰ったとされ、その後行方不明だった文献「三教不齋(さんごうふさい)論」の江戸時代末期の写本が、東京都立図書館所蔵の諸橋轍次(もろはし・てつじ)文庫にあるのを、藤井淳・高野山大学密教文化研究所委託研究員が確認した。空海が初期の著作「三教指帰(さんごうしいき)」で、仏教の重要性を説いた持論を裏付けたものとみられており、空海の研究に重要な発見となりそうだ。

 空海は「三教指帰」を24歳の時に著し、儒教、道教、仏教を比較した中で仏教が最高とする主張を展開した。空海は804年に唐に渡り、806年に帰国。その際空海が持ち帰った膨大な文献などの目録で朝廷に提出した「請来目録」が残っており、「三教不齋論」もその中に記されていたが、現物が残っていないためこれまで内容はまったく分からなかった。

 空海の思想を研究する藤井研究員は、儒教、道教、仏教の比較研究のための調査の過程で、諸橋轍次文庫にあるのを見つけた。縦25センチ、横16センチ、25ページで、文久元(1861)年に僧の良応が筆写したと書かれていた。内容も当時の唐の官僚が書いた比較思想論と判明。仏教は悟りを根本から求める点で優れているとしており、「三教指帰」と同様、仏教が最高の教えと結論づけていた。

 藤井研究員は「三教指帰で説いた『仏教が最高』という考えが、唐にもあったのを知った空海が、我が意を得たりと喜んで持ち帰ったのではないか」と話している。25日に高野山大学(和歌山県高野町)で開かれる研究会で発表する。【田原由紀雄、大森顕浩】

岡田外相、核政策で米に書簡(産経新聞)
寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)
小沢氏 聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)
<いじめ訴訟>病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し(毎日新聞)
キムタクTVや安定志向…検察事務官が人気就職先、大卒が殺到(産経新聞)

名護市長選、投票進む=普天間移設に影響(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非が争点となった同県名護市長選は、24日午前7時から投票が始まった。投票は午後8時に締め切られ、即日開票される。深夜には結果が判明する見通し。移設反対派の新人と条件付きで容認する現職の一騎打ちで、結果は鳩山内閣の新たな移設先の選定作業に影響を与えそうだ。
 立候補したのは、新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す島袋吉和氏(63)=公明支持=の無所属2人。島袋氏は自民党の支援も受けた。
 午後2時現在の中間投票率は25.57%で、前回を5.51ポイント下回っている。一方、期日前の投票者数は14239人と、前回(9588人)の約1.5倍に上り、有権者数(44896人)の約3割を占めている。
 普天間問題をめぐり、稲嶺氏は名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するとした現行計画に反対し、県外移設を主張。島袋氏は滑走路の沖合への移動を条件に、辺野古への移設を容認する立場だ。 

【関連ニュース】
名護市長選、投票始まる=普天間移設に影響
普天間移設への影響注視=「豪腕」小沢氏に期待も
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え
普天間移設、現行案で決着も=岡田外相
福島党首の4選決定=社民大会が開幕

<大地震>「備えなし」が急増 07年13%→09年24%(毎日新聞)
説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺(読売新聞)
<衆院予算委>午後に党首対決 谷垣総裁「政治とカネ」追及(毎日新聞)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
<篠山紀信氏>公然わいせつ容疑で書類送検 路上で裸体撮影(毎日新聞)

町長失職…合併確定も撤回求め安土町議会リコールが告示 滋賀(産経新聞)

 滋賀県近江八幡市との合併を進めた安土町議会(定数10)のリコール(解散請求)の賛否を問う住民投票が25日、告示された。投開票は2月14日。

 住民投票では、解散賛成が過半数を占めれば、町議会は解散、40日以内に出直し町議選が行われる。

 合併に反対する住民団体が今月初旬、3686人分の署名簿を町選管に提出し、リコールを本請求した。住民団体は「新町議会で合併撤回議案を可決してもらいたい」と話している。

 しかし、3月21日の両市町の合併は関係議会の議決や総務省の告示を経て確定している。

 安土町では、昨年8月に合併を進めた前町長がリコールされ失職。10月の出直し町長選で住民団体前代表の大林宏氏が初当選し、町議会に合併の賛否を問う住民投票条例案や住民アンケートの費用などを提案したが、ことごとく否決され、対立が深まっている。

 12月2日現在の有権者数は9900人。

【関連記事】
2月14日にリコール投票 滋賀・安土の町議会
町議不在のまま合併も 滋賀・安土のリコール運動、署名3852人分提出
次は議会リコール…署名簿提出へ 滋賀・安土町の合併反対派
合併賛否問う住民投票条例案否決 滋賀・安土町
合併反対派の大林氏が当選 出直し町長選、滋賀・安土

進次郎氏、美人すぎる藤川市議に猛アタック!「心強い」…自民党大会(スポーツ報知)
犯罪死見逃すな!検視強化へ研究会…警察庁(読売新聞)
敗北受け「日本らしい保守」掲げる=新綱領を採択-自民(時事通信)
郵便局で500万奪い逃走=局員に刃物突き付け-東京・江戸川(時事通信)
「うそを言ったことで間違いないね」念押す検察官 足利再審(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。