スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<菅首相>「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問(毎日新聞)

 菅直人首相は13日、出身地の山口県宇部市を訪問し、就任からわずか6日目という異例の早さで初の「お国入り」を果たした。首相は小学6年生当時の恩師を病院に見舞ったり、幼稚園時代から高校時代までの同級生が一堂に会した昼食会に参加。昼食会後、記者団に感想を聞かれ、「生まれ故郷で温かく迎えてもらって元気が出た」と笑顔で語った。

 首相は、高校時代に東京に転居するまで同市で暮らした。8日の就任会見では、新内閣を幕末の長州藩士・高杉晋作が創設した軍隊にちなんで「奇兵隊内閣」と名付けるなど、同県への愛着は強い。

 首相はこの日、出席した県連の会合でのあいさつでも、「一般庶民の中から生まれた奇兵隊が日本の歴史を大きく変える。今の民主党はまさに奇兵隊だ」と、改めて「奇兵隊内閣」を強調。「首相である限りは修行の身に戻ったつもりで、元気な日本を復活するために全力を挙げていきたい」と決意を新たにしていた。【倉田陶子】

【関連ニュース】
上海万博:鳩山前首相が中国側におわび
子ども手当:「理解してもらえる」満額見送りに首相
菅首相:就任後初の街頭演説 新宿駅前
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
菅首相:さっそく「イラ菅」発揮

日本振興銀行 警視庁、銀行法違反容疑で本格捜査へ(毎日新聞)
<はやぶさ>ヘリ捜索隊、カプセル発見…豪の砂漠に着地(毎日新聞)
全グループホームに補助拡大=スプリンクラー設置―厚労省など(時事通信)
愛犬、すき間に頭挟まりSOS…消防署員が救出(読売新聞)
<AKB48>脅迫容疑で27歳男逮捕 カッター送り付け(毎日新聞)
スポンサーサイト

「これからは社民抜きで…」民主・平田氏が社民連立離脱を覚悟、民主党内にも動揺走る (産経新聞)

 普天間問題の日米共同声明に対して、民主党では「やむを得ない。現実的な対応だ」(中堅)と支持する声が多い。民主党の平田健二参院国会対策委員長は28日午前、国会内で開かれた党参院議員総会で「これからは122人のこの会派(参院民主党系会派)だけで法案を通さなければいけない。かなり厳しい局面になるので(国会で)禁足が続く」と述べ、同僚議員らに社民党の連立離脱を覚悟するよう促した。

 ただ、民主党の一部にも「政権は末期的なんてもんじゃない。末期だ」(中堅)との反発も出ている。超党派の沖縄等米軍基地問題議員懇談会の会長で、米領グアム・テニアンへの移設を主張してきた川内博史衆院議員(民主党鹿児島県連代表)は28日午前、「辺野古の文字が入ったのは極めて残念だ。沖縄県民の心を踏みにじってしまったことを与党の一員として大変恥ずかしく思う。首相の当初の国外・県外という思いを外相と防衛相が実践しなかったのが原因だ」と語った。民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は「声明は、沖縄県民として非常にショックだ」と非難した。

 一方、連立与党、国民新党の代表、亀井静香郵政改革・金融相は28日午前、国会内で記者団に、日米共同声明について「最終的には沖縄県民の協力、理解が得られなければ決着しない話で、日米間において総理がそういう努力をしているということだ。全体としては(現在)進行形の状況だと思っている」と述べ、評価する考えを示した。

 そのうえで「3党合意の中で総理が努力している。将来の県外国外に向けて」と語り、社民党が理解を示すことに期待感を示した。

【関連記事】
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」
「離脱是非は30日に判断」福島党首 共同声明「辺野古」明記には「とても残念だ」
普天間移設 「将来は県外」で説得へ 社民離脱阻止を優先
普天間問題で社民党、瀬戸際外交…一転内紛
社民のごね得? 福島氏、頑なに「閣議で署名しない」 政府は譲歩…
iPadが上陸

よく使っているデジイチ&コンパクトデジカメは?(Business Media 誠)
<漫画家>「東京都の青少年改正案」に反対 創作活動を萎縮(毎日新聞)
<不同意堕胎>小林容疑者「結婚控えて流産させた」(毎日新聞)
「児童ポルノ根絶を」 日本ユニセフ大使のアグネス・チャンさんが中井国家公安委員長に要請 (産経新聞)
東北で農村男性狙う「結婚詐欺」ひんぴん(読売新聞)

首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)

 鳩山首相は20日、札幌市内で開く政治資金パーティーで講演するため、22日に予定していた北海道訪問を中止した。

 首相周辺によると、韓国海軍の哨戒艦沈没事件や、家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」が宮崎県で拡大していることを踏まえ、首相官邸周辺にとどまって危機対応にあたる必要があると判断したという。

 北海道には、首相の選挙区がある。

がん検診、受けたい気持ちにさせる仕掛けとは(医療介護CBニュース)
<山崎飛行士>鳩山首相を表敬訪問(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾で38事業廃止 「政治銘柄」にメス(毎日新聞)
<貨物船>宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)
「あっという間」と野口さん=6月2日、宇宙基地から帰還(時事通信)

<男性死亡>侵入男の逃走車から振り落とされ 京都・福知山(毎日新聞)

 16日午前5時15分ごろ、京都府福知山市堀のアパートに侵入した男が、逃走に使った乗用車のボンネットに制止のためしがみついた近くの無職、北野孝さん(59)を、約150メートル先で振り落とした。北野さんは頭を強く打ち、死亡した。車は走り去り、府警福知山署は殺人容疑で乗っていた男2人の行方を追っている。

 同署によると、男は同日午前5時ごろアパートの派遣社員の男性(38)方に侵入、男性に気付かれて何も取らずに止めてあった車を運転して逃走した。男性の妻(32)の連絡で、友人の北野さんが駆け付けた。

 逃げた男は20代ぐらいで身長約175センチ、あごひげを生やし、黒っぽい服装。車は黒っぽいワンボックス型で、助手席には同年代の男が乗っていたという。逃げる際、軽乗用車と接触している。

 現場はJR福知山駅から東約1.5キロのアパートが多く建ち並ぶ住宅街。近くに住む男性(31)は「11年住んでいるが、こんな事件は初めて。小さな子供がおり、ぞっとした」と話していた。【佐藤孝治】

エコポイント「大きな成果」=直嶋経産相(時事通信)
<太宰治賞>今村夏子さんの小説「あたらしい娘」が選ばれる(毎日新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
<東京・夫切断>控訴審 三橋被告の責任能力認め結審(毎日新聞)
小沢氏3回目の聴取 東京地検、「起訴相当」議決受け(産経新聞)

普天間結局は県内移設 鳩山首相「ウソ」の全軌跡(J-CASTニュース)

 米軍普天間基地の移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相が総選挙の時に打ち出していた「(移設先は)最低でも県外」という方針は、事実上反故にされることが確実になった。現地からは「公約破り」との声もあがっているが、首相は今になって「発言は党としての公約ではなかった」と主張する始末だ。この問題での鳩山首相の「ウソ」を検証してみた。

 鳩山首相は、民主党の代表として総選挙で勝利をおさめる前の09年8月の段階では、街頭演説などで

  「基本的には県外、できれば国外」

などと繰り返してしていた。

■政権獲得以来「県外」を何度も発言

 政権を獲得して首相になった後の9月24日にも、普天間問題について

 「基本的な私たちの考え方を変えるつもりはない」

と言明。やはり、「県外、できれば国外」という立場だ。

 移転候補地についての「ぶれ」が目立つようになるのは、この後だ。11月14日のオバマ大統領に対する「『トラスト・ミー』発言」を経た12月4日には、「当然のことながら辺野古(への移設案)は生きている」と発言。県内移設の可能性を示唆しだが、11日後の12月15日には、「やはり、辺野古ではない地域を模索する。そして、できれば決めるという状況を何としても作り上げていきたい」と一転、「県外」に含みを持たせた。

 年が明けた3月19日には、「県外は難しいけれども、当然沖縄の県民の気持ちからすれば(県外が)望ましいという気持ちを大事にしたい」。迷走はさらに続き、3月31日の党首討論では、「腹案を持ち合わせている。現行案と同等か、より効果のある案だと自信を持っている」と発言。

 4月24日には

  「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒涜」

とまで述べたが、結局5月4日には

  「沖縄の皆さんに負担をお願いしなければならない状況であることを、改めて申し上げなければならない」

と県内移設を表明するに至っている。

■「政府案3月中に提示する」はどうなった

 移設の時期についても「ぶれ」は同様で、09年12月25日の記者会見で、記者から

  「5月末までに移設先を必ず確定させる考えはあるのか」

と問われ、

  「5月までに、新しい移設先を含めて決定していきたい」

と、「5月末」の期限を設定。この期限から逆算する形で、

  「3月中のいずれかの時点では、政府の考え方をまとめなければ」(3月4日)
  「3月いっぱいをメドに、政府案をまとめる努力をしている」(3月26日)

と、政府案が3月中に提示されるとの考えを繰り返した。

 ところが、結果的にこれも「ウソ」だった。結局、政府としての案が正式に発表されたのは、鳩山首相が沖縄を訪問した5月4日だった。

■県外移設は「個人の発言」と強調

 ところが、鳩山首相は、自身の発言を「ぶれ」とか「ウソ」とかだとは感じていない様子だ。5月4日夕方には、

  「(県外移設は)『党としては』という発言ではなくて、私自身の『代表としての』発言。その自分の発言の重みは感じている」

と、「個人の発言」であることを強調。確かに民主党のマニフェストには

  「日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」

としか書かれていないものの、前出の09年9月24日の発言をとってみても、県外移設について「基本的な私たちの考え方」と述べており、少なくとも鳩山首相の個人の考えにとどまらないことは明らかだ。その意味でも牽強付会、一種のウソともいえる。

 5月6日には、記者から

  「国民からすべての発言が場当たりに聞こえるんですが?」

と指摘されても、首相は

  「場当たりな発言は一切しておりません。公約というのは(民主)党の公約。『最低でも県外』と言ったのは、自分自身の発言」

と、同様の主張を展開するにとどまっている。

 5月末までに、政府案決定ができる可能性は、はたしてあるのだろうか。


■関連記事
鳩山首相沖縄を訪問 普天間「すべてを県外に移すのは難しい」 : 2010/05/04
普天間基地移設先に「テニアン島」? 北マリアナ連邦が積極誘致へ : 2010/04/28
普天間移設 「辺野古桟橋と徳之島」で政府案調整 : 2010/04/29
ユニクロ「NEWブラトップ」 新CMに山田優を起用 : 2010/05/06
パイロット「憧れの職業」 人気トップテンから陥落 : 2010/04/30

「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
普天間「公約違反」66%…読売世論調査(読売新聞)
「看護の日」制定から20年、都内でフォーラム(医療介護CBニュース)
パート女性“虎の子”貴金属1200万盗難(産経新聞)
訃報 神戸守一さん86歳=およげ!たいやきくんのモデル(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。